6月 9, 2015

一見すると男性女性の髪の毛は同じように見えますが、実は違っている部分がいくつかあります。 違いとして髪の毛の寿命が挙げられます。男性の場合は3年~5年程度が寿命と言われていますが、女性の場合は4年~6年とやや長くなっているのです。寿命が長いという事は薄毛になり難いという事でもありますので、女性の薄毛が少ないのは髪の毛の寿命が関係していると言えるのではないでしょうか。 老化する速度にも男性女性の違いがあります。まず男性の場合は20歳前後にピークを迎えると言われており、ピークの後はどんどん髪の毛が弱くなっていきます。髪の毛が弱くなる事で細い状態になりますので、頭皮が透けて見え易くなってしまうのです。 一方の女性の場合は30代の後半がピークとされていますので、男性の場合と違って大分髪の毛の太さがキープされます。 また、男性の髪の毛の場合、ピーク時と比較するとおよそ3割程度も細くなると言われていますが、女性の場合は細くなっても1割程度しか変化しないのも違いの一つです。 このように男性女性で髪の毛の状態に違いがありますが、断然女性の方が丈夫と言えますし、この丈夫さが女性の薄毛が少ない理由なのです。 因みに薄毛のなり方にも男性女性で違いがあります。 男性の場合はAGAが原因によって薄毛になる事が多いと言われています。そして薄毛になる時も頭皮が透けて見える状態になってしまうのです。 女性の場合の薄毛の原因は頭皮の乾燥だったり、ホルモンバランスの乱れが最たる原因になると言われており、男性のように頭皮が透けて見えるのではなく、全体的にボリュームダウンしていきます。 薄毛のなり方にもこのような違いがありますので、薄毛対策の方法も異なってくるのです。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme